●支部対抗選手権、キャンセルの場合は早めのご連絡のお願い
お陰様で第44回支部対抗戦は参加申込締切り時点で定数を上回る多数の申込を頂きました。会員各位のご協力に感謝申し上げます。
運営側では極力多くの希望チームを参加できるようにと会場センターと協議を重ね、112チームの参加を募集致しましたが、117チーム申込があり、5チームのキャンセル待ち状態でございます。
例年、大会当日に数チームのキャンセルが発生することがあり、止むを得ず空きレーン発生のまま大会運営せざるを得ない状況もございました。
今年の大会では、可能な限り空きレーンを無くし、キャンセル待ちのチームを1チームでも多く参加させてあげられないかと考えております。

このような状況をご理解頂き、参加申込済のチームでキャンセルせざるを得ない状況が発生致しましたら、出来るだけ速やかに、その旨を連盟事務局へご連絡頂きたくお願い申し上げます。
連盟事務局からはキャンセル待ちのチームに順次連絡をし、1チームでも多くの参加が出来るように致したいと考えております。
会員各位のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

                         ABBF事務局
                         電 話:03-3733-5888
                         FAX:03-3733-5893
                         メール:abbf@abbf-bowling.org

●支部対抗選手権大会の募集要項掲載について
あけましておめでとうございます。
寺尾杯争奪 第44回 全国実業団支部対抗選手権大会(3月3日〜4日)の要項と申込書を掲載します。
申込書部分はEXCEL形式としてありますので、ダウンロードしてご利用下さい。

●選抜選手権大会が開催されました
2017年12月2〜3日、福島県郡山市のボウルアピア郡山店で、第33回選抜選手権大会選抜選手権大会が開催されました。
今回は、
・予選(9ゲーム)各シフトから準決勝進出者を選出
・準決勝(3ゲーム)は、予選スコア持込み無しのゼロスタート
・1ゲームマッチの決勝ステップラダーにより優勝者を決定
という新フォーマットが試行されましたが、運営もスムーズで大変好評でした。
(2018年度の第34回選抜選手権も同じフォーマットで実施される予定です。)

2連覇中で通算7度目の優勝を狙った高橋浩一選手を初めとする多くのトップボウラーを苦しめた難しいレーンコンディションを制し、
男子は、準決勝1位通過の鈴木 貴広選手(岩屋支部・菊地電設)が、
女子は、準決勝3位通過の内藤 ひろみ選手(諏訪支部・セイコーエプソン)が、
いずれも初の栄冠に輝きました。
おめでとうございます!!

この大会で、2017年度の連盟主催大会はすべて終了しました。
2018年度は、3月3〜4日に例年通り稲沢グランドボウルで開催される、寺尾杯争奪全国実業団支部対抗選手権大会で幕を開けます。奮ってご参加下さい。